中小企業社員が富裕層になる方法

中小企業サラリーマン家庭の節約、投資、子育て等の紹介

富裕層の定義って?中小企業社員で富裕層を目指します。

このブログでは中小企業社員が富裕層になる方法を考えていきます。

 

ブログの目標!富裕層の定義

野村総合研究所の資料では富裕層とは金融資産が1億円以上5億円未満となっています。正直1億円で富裕層と呼ぶのは違和感があります。20代で1億円あっても一生働かずに暮らすことは難しいでしょう。あと10年程度で年金がもらえる50代後半 且つ 一般的な生活が目標であれば十分な金融資産額と言えそうです。このブログでは中小企業社員が50代で金融資産1億円以上を目標として資産形成の方法を考えます。

超富裕層・富裕層は全体の2.4%。小学校の1クラスを30人とすると、クラスで一番のお金持ちが1億円の資産を持っている程度の割合です。勉強で考えるとクラスのみんなが一番を目指していない状況で自分だけ本気で勉強すれば達成できる気がしませんか?

引用元:文春オンライン

 

前提条件(プロフィール)

・年商50億以下、従業員500人以下の中小企業勤め。
・年収:600万
・年齢:30代後半
・地方住み。戸建て(住宅ローン有)
・家族構成:妻(専業主婦)+ 子供2人
・自動車:普通車1台
・金融資産:3,700万(2022年3月時点)
・副業:せどり

 

子供は大学まで行かせる予定。自動車に関してはは年々拘りがなくなっています。